相席居酒屋って実際どうなの?その実態を調査してみました!

相席居酒屋って実際どうなの?その実態を調査してみました!

相席居酒屋は、見ず知らずの男女が一緒にお酒を飲むことができるお店です。ブームになってから少し時間が経過しましたが、今でもその勢いは落ちておらず、男女の出会いの場として注目されています。でも、肝心の女の子の質や、セックスに持ち込める確率はどうなのでしょうか。ここでは、相席居酒屋の実態について解説します。

相席居酒屋は必ず異性のお客と相席になる。女性は基本無料

相席居酒屋は必ず異性のお客と相席になる。女性は基本無料

相席居酒屋は、男女の出会いの場を提供するために独特のシステムを設けています。基本的なシステムを紹介しましょう。

■席について

・最低2人以上でないと入店が認められないことが多い。
・必ず男女が相席になる。割り振りは店員が行うが、基本的に来店順。
・席替えしたければ店員に頼むこと。ただし認めていないお店もある。

■料金について

・男性は基本料金として30分1,500円~2,000円程度かかる。大抵は飲み放題。
・女性は完全無料かチャージのみ負担、もしくは飲み放題+フードが数品無料。
・女性が有料のメニューを注文したら男性がすべて支払う。

■席での振る舞いについて

・合コンのように自由に会話、食事をしてよい。
・意気投合したらお店を出て「二次会」へ行ってもよい。
・お店はお客同士の関係に介入しない。

つまり、必ず異性のお客と相席になってお酒を楽しめるわけですね。女の子とお酒を飲みたい男性にとっては、これほど都合のいいお店はないでしょう。女性にとっても、ほぼ無料で飲み放題・食べ放題という大きなメリットがあります。このシステムによって女性客を集め、彼女たちを目当てにする男性客も集めているのです。

相席居酒屋はコスパが悪い。女の子を落とすには二次会からが本番

相席居酒屋を利用する男性の多くは、最終的に女の子を口説き落としてセックスまで持ち込むことを目的にしています。とはいえ、相席居酒屋で女の子をその気にさせられるケースはほとんどありません。大抵の場合、盛り上がってきたところで「別のお店へ行こう」という話になります。これは利用者の間では「二次会」と呼ばれています。

相席居酒屋は出会いの場を提供することがメインのお店ですから、料理やお酒のクオリティは高くありません。安い居酒屋か、それ以下のレベルだと考えてください。1時間いれば、男性は基本料金だけで3,000円~4,000円ほど負担することになりますから、コスパは決してよくないでしょう。できるだけ早めに河岸を変えた方がいいのです。

相席居酒屋はタダ飯狙いの女の子が多く、女の子の質も高くない

相席居酒屋の男性客がまず注目するのは、女の子の質でしょう。必ず女の子と相席になれるとはいっても、相手がブサイクでは無意味どころかマイナスになりかねませんからね。まだ相手が決まっていない男性客は「どうかかわいい子が来ますように」と祈っているはずです。

結論から言ってしまうと、相席居酒屋の女の子の質は高いとはいえません。理由は単純で、タダ飯狙いの女の子があまりにも多いからです。相席居酒屋への入店でルックスは問われませんから、どんなブサイクでも入店できます。そして入店した以上は、必ず誰かと相席になれる=タダ飯にありつけるのです。

このようなシステムである以上、タダ飯狙いの「常連客」の発生は食い止めようがありません。ブサイクでなかったとしても、二次会に行く気がまったくない女の子ばかりがやってくれば、お店のシステムは崩壊してしまいます。お店の側も、こういったお客の対応に苦慮しており、なかなかうまくいっていないのが現状です。

とはいえ、嫌な相手と相席になるリスクは女の子も同じだということを忘れてはいけません。「タダ飯につられて入ってみたら、脂ぎった中年のオッサンと同席にされた!」などという体験談はたくさんあります。一般的な女の子が食事だけを目当てに入る場所としては、あまりにもリスクが大きいのです。

二次会に行ける確率は低くない。ただしそれ以降はナンパ力の世界

「ブサイクが来るのは仕方がない、重要なのは二次会以降に行けるかどうかだ」と考える男性もいるでしょう。実際のところ、二次会に連れ出せる確率はどのくらいあるのでしょうか。

まず、二次会に行ける確率自体はそこまで低くありません。アンケートや体験談を見る限り、2~3回に1回程度は成功しているようです。しかし、二次会からセックスまで持ち込める可能性は未知数だと見るべきでしょう。ここから先は、完全に男女の駆け引きの世界になるからです。

何より、二次会以降も基本的に男性のおごりになることを忘れてはいけません。「もっといいお店に連れて行く。ただし割り勘で」などといえば、女の子は冷めてしまうでしょう。相手がタダ飯狙いなのかどうか区別がつかない、だけどセックスできる可能性にかけておごり続けないといけない。これは想像以上にきつい状況です。

結局のところ、セックスに持ち込むためには男性のナンパ力が問われるのです。相席居酒屋は、あくまでも出会いの場を提供してくれているだけであり、男女の仲を取り持ってはくれません。「たとえタダ飯狙いの女だろうが口説き落としてみせる」というくらいの気合を入れていかなければ、セックスにたどり着くことはできないでしょう。

相席居酒屋ではサクラ、ホスト、キャバ嬢などに注意

相席居酒屋の問題点としてよく挙げられるのは、サクラの存在です。先に解説したように、相席居酒屋は女性客が来てくれなければ成り立ちません。そこで、いつでも一定数の女性客がいるようにサクラを仕込んでおくわけです。当然ながら、サクラが相手ではセックスまで持ち込むことはできません。二次会に付き合ってくれるかどうかも怪しいでしょう。

また、相席になったお客を食い物にしてやろうという悪質なお客もいます。代表例がデリヘル嬢やキャバ嬢、ホストなどです。最初は自分たちの職業を明かさず、話が盛り上がったところで「実は近くに自分たちのお店があるんだけど来ない?」と誘いをかけます。お店が暇なのでお客を漁りに来ているわけですね。

このような人たちでもお客はお客ですから、お店としては排除するわけにはいきません。やられたと思ったら、その時点で話を打ち切ってお店を出ていくしかないのです。

相席居酒屋のメリットとデメリットまとめ

相席居酒屋は、その性質をしっかり理解して利用しないと結果が出せません。うまく使いこなすためにも、メリットとデメリットをまとめてみましょう。

■メリット
・必ず異性のお客と相席になれる。
・女性客は(ほぼ)完全無料で飲み放題・食べ放題。

■デメリット
・自分の好きなお客と相席になれるわけではない。
・女の子の質が高いとはいえない(もちろん男も)。
・タダ飯狙いの女の子やサクラに当たってしまう可能性がある。
・長居すると料金が高くつく。
・セックスできるかどうかは、結局個人の能力次第である。

こうしてみると、男性客にとっては「必ず女の子と相席になれる」こと以外にメリットがあまりないとわかりますね。つまり相席居酒屋というのは、他に出会いの場がない男性向けのお店なのです。

もちろん、いろいろな女の子と出会うことを楽しみにして相席居酒屋にやってくる男性もいるでしょう。これは心に余裕があるからこそできることです。相席居酒屋で遊ぶ時は「何としてもセックスまで持ち込んでやる」とがっつかず、ある程度軽く構えていた方がいいのかもしれませんね。

できるだけ安全に相席居酒屋を使いたければ、最低限席替えが認められているお店を選びましょう。運悪くタダ飯狙いの女の子に当たってしまっても、席替えができればまだチャンスはあるからです。悪質な女の子を避けるため、「女性もチャージだけは支払い必須」など、女性が完全無料ではないお店を選ぶのもいいでしょう。

まとめ:相席居酒屋では、出会いを楽しむ姿勢が大切

相席居酒屋をうまく使うコツは、いろいろな相手との出会いを楽しむことにつきます。「ブサイクやタダ飯狙いの女の子が相手でもいいじゃないか」というくらいの姿勢が大切なのです。通い続けていれば、いつかは当たりを引けるかもしれません。その時のために、会話のテクニックを磨いておきましょう。