マットヘルス(箱へル)は本番できる?嬢の本音を探ってみた

マットヘルス(箱へル)は本番できる?嬢の本音を探ってみた

マットヘルス(箱ヘル)は、昔からあるタイプの店舗型風俗です。本番がないこと以外はかなりソープに近いため、女の子と交渉して本番に持ち込もうとするお客も少なくありません。実際のところ、ヘルス嬢は本番についてどう思っているのでしょうか。ここでは、マットヘルスで本番ができる可能性やヘルス嬢の本音についてまとめました。

ヘルス嬢が本番をするのは、結局のところお金儲けのため

ヘルス嬢が本番をするのは、結局のところお金儲けのため

マットヘルスでの本番行為は当然ながら違法であり、お店のルールでも禁止されています。しかし、実際にはお客からの本番要求に応じたり、自分から積極的に本番を持ちかけたりするヘルス嬢も存在しているのです。なぜヘルス嬢は本番をするのでしょうか。

主な理由の1つが、直接的なお金儲けです。本番と引き換えに追加料金を請求するヘルス嬢は少なくありません。いわゆる「円盤」ですね。しかも、追加料金はお店に内緒の収入ですから、全額がヘルス嬢の懐に入ります。1万円で本番をすれば、そのまま1万円が収入になるわけです。何の記録にも残らないため、税金を納める必要すらありません。

また、追加料金なしに本番をするヘルス嬢もいます。こちらはいわゆる「基盤」です。円盤と違って直接的な収入はありませんが、無料で本番ができるなら指名するお客は増えるでしょう。結果的に太客を大勢つかむことができます。指名料で儲かるという側面もありますね。

そして、本番をする気がないヘルス嬢でも、お客からの本番要求に応えてしまうことはあります。何度も指名をしてくれていた上客が、本番をしたいと言い出した場合です。もし断れば、二度と指名をしてくれなくなる可能性もありますから、つなぎとめるために本番に応じてしまうのです。

結局のところ、ヘルス嬢が本番をする理由は「お金儲け」でしかないといえます。「好きなお客に本番をさせている」というケースもあるでしょうが、あくまでも少数派です。それほどお金に困っていないヘルス嬢だと、本番には積極的にならないでしょう。

身の安全のために、本番は絶対にしたくないヘルス嬢もいる

本番をするヘルス嬢がいる一方で、本番は絶対に嫌だという子もいます。1番の理由は、言うまでもなく妊娠のリスクを避けるためでしょう。ゴムをつければいいのですが、平気で生挿入してくる悪質なお客もいるからです。さらに、本番をすれば性病のリスクが高まることも忘れてはいけません。

やや特殊な事情としては、彼氏や旦那に義理を果たしている場合もあります。本番をしなければ最後の一線は越えていないので、まだ自分を納得させられるわけです。この辺りは本人の考え方の問題ですから、他人が理解できるかどうかは関係ありません。

いずれにしても、こういった事情のあるヘルス嬢は、本番が嫌だからこそソープではなくヘルスで働いているのです。ヘルスなら、基本的に女の子が受け身になることは少ないので、本番以外の安全性もかなり高いですからね。それなのに本番をしてしまえば意味がありません。本番交渉に応じてくれる可能性は限りなく低いでしょう。

マットヘルスは店員の目が怖いが、本番がバレる可能性自体は低い

マットヘルスで本番をする場合は、お店の環境が問題になります。そもそも、店舗型の風俗は全体的に本番の難易度が高いのです。他のお客や店員の目が光っていますからね。ヘルス嬢が本番を嫌がる理由の1つですし、応じてくれた場合も常に注意しなければなりません。

それでも、マットヘルスは個室でプレイをしますから、遮蔽率が低いピンサロやセクキャバに比べれば遥かにマシな方です。店員がいきなり踏み込んでくる可能性も低いので、こっそりヘルス嬢と交渉して本番をすれば、発覚することはほぼないでしょう。素股と本番は見た目の区別もつきにくいからですからね。

ただし、本番ができたことは店員や他のヘルス嬢、他のお客などに言うべきではありません。特に「◯◯ちゃんは本番をさせてくれたよ」と他のヘルス嬢に言えば、その子を通じて店員に話が伝わってしまうおそれがあります。本番をさせてくれたヘルス嬢がクビになる可能性もあるので、絶対にやめておきましょう。

お店も本番行為を気にしている。調査員を雇うケースも

お店の側は、ヘルス嬢の本番行為についてどう考えているのでしょうか。これはお店ごとにスタンスが違うとしか言いようがありません。「下手をすれば警察に捕まるからNG 」という方針のお店もあれば、「最近は不景気だし、お客をつかむためには仕方がない」と黙認しているお店もあるのです。

中には、徹底的に本番を排除しようとするお店も存在します。そのために使われるのが調査員です。お店に雇われた男性や他のお店のスタッフなどが、お客を装ってお店に行き、女の子と遊びます。もし本番ができたらお店に報告し、そのヘルス嬢はクビにされるというわけです。

ここまで徹底しているお店はそう多くはありませんが、ネットでヘルス嬢の口コミを調べると、厳しいお店とそうでないお店がいくつかわかります。本番に厳しいお店では、お客も本番交渉を自重した方がいいでしょう。

本番するには事前の情報収集が大切。ガセネタには注意

適当に入ったマットヘルスで本番交渉をしてみるのも1つの楽しみ方ですが、確実に本番がしたければある程度の下準備が必要です。まずはネットで情報収集をしてみましょう。あまり好ましいことではありませんが、ヘルスで本番ができたという情報はたくさん出回っています。

重要度が高いのは、「◯◯は基盤」「□□は円盤」という名指しの情報です。そのヘルス嬢に入れば、本番ができる可能性は高くなるでしょう。中には、在籍している女の子の大半が本番可能というお店もあります。これはお店そのものが事実上の基盤店なのかもしれません。もちろん、ガセの可能性もあるので注意してください。

気になるヘルス嬢の本番情報が見つからない場合は、思い切って自分で調査するしかありません。とはいえ、ヘルスでの勤務歴が長い女の子なら、大抵は本番交渉をされた経験があるはずです。嫌ならすぐに断りますし、お金が必要なら要求してくるでしょう。話が早い子は本当に早いので、遠回しに聞いてみてください。

ただし、初めて入ったお客にいきなり本番交渉をされるのは、ヘルス嬢としても気分のいいものではありません。できれば3回程度通って、顔を覚えてもらうくらいになってから本番交渉をしてみましょう。

最初からソープに行った方がいい場合も。よく考えよう

マットヘルスで本番交渉をする人は「こんなことをするくらいなら、素直にソープへ行った方がいいのでは?」という壁に必ずぶつかります。うまく基盤嬢を見つけられればいいのですが、円盤嬢の場合はうまみが少なくなってしまいますからね。

マットヘルスの料金は時間帯にもよりますが、大体60分で1万5,000円~といったところでしょう。もし1万円を追加して本番をすれば、合計で2万5,000円もかかってしまいます。これは大衆ソープの中でもかなりいいお店で遊べる金額です。最初からソープへ行けというのは、まったくの正論といわざるをえません。

ただ、ソープは全体的に嬢の年齢が高めなのがネックです。それに比べると、ソフトサービス中心のヘルスでは、若くてレベルの高い女の子がいる可能性は上がります。「この子はキャバクラなみのレベルだな」と思えるヘルス嬢がいたら、お金を払ってでも本番をする価値はあるでしょう。何事も状況によりけりです。

まとめ:女の子の印象を上げれば、本番の確率は上がる

マットヘルスで本番に挑戦する場合は、できる限り基盤嬢を見つけるのが得策です。すべての情報がネットに出回っているわけではないので、ある程度は自力で調べるしかありません。女の子と本番交渉をする時は、決して無理強いをせず紳士的な態度を心がけてください。「このお客は捕まえたい」と思ってもらえれば、本番の成功率も上がるでしょう。

                           
マットヘルス(箱へル)は本番できる?嬢の本音を探ってみた はコメントを受け付けていません。 風俗、ヘルスの体験談