初めてのオナクラを存分に楽しむためのガイド

ベッドで裸になっている写真

風俗には非常にマニアックなお店も存在します。オナクラもその1つで、ある意味ではSMクラブやイメクラ以上にマニアックだといえるお店です。多少人を選ぶジャンルではありますが、遊び方次第ではデリヘルやピンサロ以上に楽しめるでしょう。ここでは、オナクラに初挑戦する人のために、基本的なプレイ内容や料金について解説します。

オナクラは女の子の前でオナニーをするお店。手コキは基本セット

オナクラはオナニークラブの略で、その名の通りお客がオナニーで発射することを目的としたお店です。女の子はあくまでもオナニーを手伝うために存在し、性的なサービスはあまり行いません。具体的には、セクシーなポーズを見せてくれたり、言葉責めをしてくれたりするのです

もっとも、本当にオナニーしかできないお店は少数派で、現在のオナクラは女の子による手コキもセットになっている場合がほとんどです。手コキ+αのお店と考えても構いません。あらゆる風俗の中でもトップクラスにソフトな部類でしょう。オナクラより下にいるのは、せいぜいのぞき部屋とかストリップ劇場ぐらいです。

その性質上、オナクラはお客をかなり選びます。「女の子をガンガン責めたい」とか「ローションまみれで絡み合いたい」「フェラでひたすら抜いてほしい」というタイプの男性には向いていません。体の触れ合いを重視する人は他のお店に行った方がいいでしょう。

しかし、相性がいい人にとっては非常に楽しめるお店でもあります。手コキでもいいからさっと抜いてほしい人や、自分のオナニーを女の子に見てほしいMっ気のある人には最適でしょう。このようなプレイは他のお店だとやりづらかったり割高になったりするので、オナクラがちょうどいいわけです。

なお、お店の形態としては店舗型と派遣型の両方が存在しています。受付所型もあるので好みによって使い分けるといいでしょう。特にオナニーを女の子に見せつけたい人の場合、店舗型だと他人の存在が気になるかもしれませんから派遣型をおすすめします。

オナクラのオプションは多彩。かなり変態向きなものもあり

オナクラの基本的なプレイ内容は、「女の子の前でオナニーをする」「女の子に手コキで抜いてもらう」というシンプルなものです。オナクラの真価を引き出すには、数多くのオプションを利用しなければなりません。主なオプションを紹介しましょう。

・息吹きかけ、言葉責め、至近距離での(ペニスの)凝視、唾たらし、乳首責め
このあたりは一般的なオプションです。料金もかからないことが多いので、遠慮せずに頼みましょう。基本プレイに含まれていることもよくあります。

・アイマスク、手枷、足かせ
もちろん拘束されるのは女の子ではなくお客です。M男向けですね。

・あえぎ声、M字開脚、セクシーポーズ
オナニーのサポートとして、女の子にエッチな姿を見せてもらうこともできます。

・下着姿、ヌード(上半身、下半身、全身)、コスプレ
女の子に服を脱いでもらえればオナニーも捗りますね。コスプレは無料のお店もあります。

・ビンタ、蹴り
これは完全にドM向けのオプションですね。お店によってはビンタ1発でオプション料金が500円かかる場合もあります。

・キス、ディープキス
女の子によっては NG になっていることも多いプレイです

・おっぱい揉み、お尻揉み、密着、顔面騎乗
見ているだけでは我慢できない場合は、女の子を触らせてもらうこともできます。下半身へのタッチはオプション料金が高い傾向にあります。

・相互オナニー
自分だけでなく女の子にもオナニーをしてもらうオプションです。

・足コキ、ゴムフェラ、疑似合体(オナホール使用)
手コキ以外の方法で、女の子に直接抜きを手伝ってもらうことができます。

オナクラの料金は20分3,000円~。風俗の中でもトップクラスの安さ

オナクラはサービス内容がソフトな分、プレイ料金も非常に安いのが特徴です。東京のお店だと20分3,000円くらいが相場で、20分2,000円という激安店もあります。あまり長時間遊ぶタイプのお店ではありませんが、60分だと8,000円程度です。派遣型のオナクラの場合は、当然レンタルルーム代やホテル代もかかります。

オプションの料金は1つにつき1,000円~3,000円ぐらいです。唾たらしや言葉責め、お客への乳首責め、添い寝といったオプションは無料であることがほとんどです。女の子がヌードになったり、女の子への体にタッチをしたりするオプションになると料金がかかります。

ゴムフェラなどのハードなオプションを使うと、下手なピンサロより割高になってしまうこともあるので、あまり調子に乗りすぎない方がいいでしょう。プレイ時間もそんなに長いわけではありませんから、何がしたいのかを最初に決めておくことが大切です。

オナクラの流れを解説。フィニッシュの方法は決めておくこと

オナクラはプレイ内容が特殊なだけに、風俗慣れしている人でもどうしていいのかわからなくなる場合があります。初めて行く人のためにオナクラの基本的な流れを紹介しましょう。

1:お店に電話or訪問して受付をし、時間・女の子・オプションを決定。
2:店舗型なら待合室、派遣型ならホテルやレンタルルームへ移動。
3:女の子と対面。
4:とりあえず服を脱ぐ(下半身だけでも全裸でもOK)。
5:おもむろにオナニーを始めるor手コキをしてもらう。
6:頼んでいたオプションがあれば女の子がしてくれる。
7:発射。
8:服を着て退出。

この流れを見てもわかる通り、オナクラは基本的にシャワーの時間を設けていません。一緒に入浴するコースでもない限りは、事前にシャワーを浴びて清潔にしておくべきでしょう。あまりに不衛生な場合はプレイを拒否される場合もあります。

また、お店によっては手コキで発射するコースとオナニーで発射するコースを明確にわけていることに注意してください。その時の気分によってフィニッシュの方法を変えたければ、どちらでもOKなお店を選びましょう。

オナクラの女の子はレベルが高い。素人系の子が多いのもメリット

オナクラで重要なのは女の子のレベルです。基本的にはオナニーで発射するわけですから、オカズとなる女の子のルックスが優れていなければ意味がありませんよね。

うれしいことに、オナクラの女の子のレベルは高めです。理由は単純で、ソフトサービスのお店ゆえに働くハードルが低いからです。「ヘルスで働くのは嫌だけどオナクラなら」という女の子も少なくありません。

経験が浅い女の子も多く、素人に近い女の子と気軽に出会うことができます。運がよければ、セックスの経験自体がない女の子と遭遇することもあるくらいです。いかにも風俗嬢といった感じの女の子に飽きてしまった人は、オナクラに行ってみるといいでしょう。

オナクラは性病のリスクが低い。初心者も安心して遊べる

オナクラのメリットの1つが、性病の感染リスクが低いことです。何しろオナニーで発射するわけですから、性病にかかる要素がありません。女の子に手コキやキスをしてもらう場合でも、しっかり消毒さえすれば感染のリスクは極めて小さくなります。

最近は日本でも梅毒などの性病が増加しており、風俗で遊ぶ際のネックになっています。オナクラなら女の子も安心して働けますし、お客も性病のリスクを気にせず遊べるのです。風俗初心者はまずオナクラに行ってみるのもいいでしょう。

まとめ:オナクラは活用法次第。自分なりの楽しみ方を見つけよう

オナクラはマニアックな風俗ではありますが、料金が安く女の子との接触も少ないことから、風俗初心者向けでもあるという二面性を持ちます。いきなりオナニーのみのコースに挑戦するのが不安な人は、手コキコースを試してみるといいでしょう。オナクラに慣れてきたら、オナニーで発射するコースやさまざまなオプションを試してみてください。