東京でおすすめのロボットデリヘルはここだ!

正常位の写真

ロボットデリヘルは、最近できたばかりの風俗ジャンルです。興味はあるけれど、実態がよくわからないので行くのをためらってしまう人もいるでしょうね。でも、新ジャンルだけあってお店の数自体はそう多くないので、情報を集めるのは難しくありません。ここでは、東京でおすすめのロボットデリヘルを紹介します。

東京のロボットデリヘルは2軒のみ。知名度は上がってきている

ベッドに座って休む女

ロボットデリヘルは、女の子が自分からは一切動かず会話もせず、お客の命令を何でも聞いてくれるお店です。まさにロボットですね。もちろん本当に何をしてもいいわけではなく、お店のルール上できることに限られます。本番がNGなのも一般的なお店と変わりません。

風俗では、女の子に遠慮して思うように遊べない人も多いでしょう。ロボットデリヘルならそのような心配は無用です。ロボットになりきった女の子に、好き放題命令をすることができます。他のお店ではなかなかできなかったプレイをするのがおすすめです。

現在、日本でロボットデリヘルと呼ばれるお店はほんの数軒しかありません。東京では新宿と品川に1件ずつ確認されています。どちらも東京23区内に派遣可能なので、本拠地の違いはあまり問題にならないでしょう。2017年までは池袋にもう1軒あったのですが、現在すでに閉店してしまっているようです(公式サイトは残存)。

こう書くと展開に失敗した色物風俗のようですが、メディアに取り上げられる機会も増えており、知名度は着実に上がってきています。今後さらに増えるかどうかは、お店の人気次第でしょう。以下の項目では、東京にある2つのお店の情報を紹介します。基本情報の他、ネットの口コミなども載せるので参考にしてください。

1軒目:新宿「ロボットデリヘル」

ロボットデリヘル

公式サイト:http://www.robo-deli.com/top.php
電話番号:03-5937-2022
営業時間:12時~翌朝5時
料金:60分2万1,000円~ 有料オプション、パックなど多数あり
派遣可能エリア:東京23区内
交通費:新宿区1,000円~(新宿周辺のホテルは無料)

ロボットデリヘルの元祖とされているお店です。店名自体が「ロボットデリヘル」という辺り、直球勝負していますね。料金は60分2万1,000円~とやや高めです。新宿周辺のホテルだと交通費が無料になるので、できれば新宿で遊ぶのをおすすめします。

新宿ロボデリの特徴はロボットのレベル設定。性知識ゼロも可能

新宿ロボデリの特徴は、「ロボット指数レベル」と「エロボットレベル」を設定できることです。ロボット指数レベルは女の子のロボットぶりを表し、レベルが高いほど人間としての感情を表に出さなくなります。1は普通の人間と同じで、レベル2は最低限の会話のみ、最高のレベル3は無表情かつ会話もしません。

エロボットレベルは女の子のエロさを表し、レベルが高いと向こうから積極的に絡んできます。レベル1は性知識がゼロという設定なので、プレイに関する指示はすべてお客が出さなければなりません。最高のレベル3なら、何も言わなくてもひたすら責めてくれます。

とにかく何でも命令を聞いてくれればいいだけなら、ロボット指数レベルは1でもいいでしょう。逆に、無機質なロボットを相手にしている気分を味わいたければ、ロボット指数レベルを3に設定するべきです。

難易度が1番高いのは、ロボット指数レベルが3でエロボットレベルが1の状態でしょう。女の子はほとんど固まっている状態で、あらゆる命令をお客が出さないと動いてくれません。完成したばかりのロボットを教育しているようなプレイが楽しめるわけです。

新宿ロボデリには多くのオプションあり。お得なパック料金も

新宿ロボデリには、SMクラブ並みの多彩なオプションが用意されています。内容は定番の大人のおもちゃから、アイマスク・手枷・首輪・ロープといった緊縛系、浣腸・アナルバイブ・AFなどのアナルプレイ系までさまざまです。スカトロ系も一応用意されていますが、対応できる女の子はあまり多くありません。

オプションの金額は2,000円~5,000円程度のものが多く、1つ1つ注文すると金額がかなり高くなってしまいます。お得なパックも用意されているので、目的に応じて使用するといいでしょう。たとえば「ロボットSMパック」なら、手枷・足枷・首輪・大バイブ・ロープ1本追加で通常9,000円のところを8,000円で使えます。

小バイブ・ローター・ロープ1本・放尿は通常プレイに含まれていますから、ちょっとした緊縛プレイくらいならオプションなしでも可能です。コスプレの持ち込みも自由なので、お気に入りの衣装を自分で用意して持ってくるといいでしょう。

なお、お店としては即尺とイラマチオを推奨しています。特にエロボットレベルが3の場合、この2つのオプションがついていないとプレイがスムーズに進まないようです。相当ハードな内容が期待できると考えられます。

新宿ロボデリを楽しむには、開き直ってプレイすることが大切

新宿ロボデリの体験談は、ネット上でたくさん見つかります。評価は人それぞれですが、ほとんどの人が口をそろえて「不思議な体験だった」「こんなの初めて」と言っており、お店の特殊性がわかります。やはりというべきか、多くの体験者はロボットレベルを高めに設定しているようです。

公式サイトの写真を見る限り、在籍嬢は若い女の子が大半のようですが、実際女の子のレベルは高いとのこと。むしろもう少し上の年齢がほしいという意見も見られます。少なくとも、外れを引かされる可能性は低いでしょう。

この店を楽しめたかどうかは、遠慮なく女の子に命令ができたかによるようです。開き直って変態的なプレイをしてきた人は大絶賛しています。残念ながら合わなかった人もいるようですが、これは仕方がないでしょうね。お店のコンセプトとしては成功しており、一度は行ってみる価値があるといえそうです。

2軒目:品川「アンドロイドデリヘル レンタル彼女」

アンドロイドデリヘル レンタル彼女

公式サイト:https://www.dto.jp/official/19864#price
電話番号:03-6912-6881
営業時間:24時間営業
料金:60分2万円~
派遣可能エリア:都内全域及び近郊
交通費:品川区1,000円~

こちらは品川にあるお店です。コンセプトは新宿ロボデリと同じですが、ネットに出回っている情報が少なく、詳細はわかりません。料金は新宿ロボデリより若干安いくらいですが、オプションに関しては一般的な風俗とそれほど変わりないようです。

レンタル彼女の詳細は不明。女の子はまったく動かない?

レンタル彼女の公式サイトにはプレイ動画が上がっています。女の子はまったく動いておらず、まるでスイッチの入っていないロボットのようです。新宿ロボデリでいうなら、ロボット指数レベル3+エロボットレベル1の状態に相当するでしょう。それこそ、お客が女の子を持ち運ばなければいけない状態です。

ただし、レンタル彼女にはロボット指数やエロボットレベルといった設定は一切ありません。「面倒な会話一切不要・女性に気を使う必要なし」とうたってはいますが、具体的なサービス内容がはっきりしないのも事実です。公式サイトもあまり作り込まれていないため、詳しい内容を知りたければお店に問い合わせる必要があるでしょう。

レンタル彼女は本気度不足? コンセプトが徹底されていない

レンタル彼女は新宿ロボデリに比べると知名度が低く、口コミもほとんど見当たりません。数少ない口コミでは「ロボットデリヘルを期待していたのに普通のデリヘルだった」と不満が述べられています。どうやら女の子がコンセプト通りに動いていないようです。

ロボットデリヘルとしては本気度が不足している印象があり、現時点では新宿ロボデリの劣化といわざるをえません。もう少しコンセプトを徹底しておかないと、お客も遊びづらいでしょう。とはいえ、1つの口コミだけでお店の評価は決められませんから、実態が知りたければ突撃してみるしかありませんね。

まとめ:安牌は新宿のロボデリ。興味があるなら遊んでみよう

今のところ、ロボットデリヘルで遊びたい人は新宿のロボデリに行くのが安牌だといえそうです。品川のレンタル彼女は未知の部分が多く、さらに実態を調査する必要があるでしょう。非常に人を選ぶ風俗ではありますが、相性のいい人なら最高に楽しめるはずです。これまでの風俗に不満があった人は、ぜひ一度遊んでみてください。

                           
東京でおすすめのロボットデリヘルはここだ! はコメントを受け付けていません。 東京のデリヘル