本番できるの?違法な「中国エステ」の実態に迫る

本番できるの?違法な「中国エステ」の実態に迫る

繁華街にも「ヌキ」があるエステ店はありますが、普通の住宅街に「中国エステ」と呼ばれる違法な風俗店、いわゆる「裏風俗」が存在します。会計が明朗でなく、いつ摘発されるか分からないリスクはあるものの、物好きな男性からは好まれる傾向にあるようです。この記事では、中国エステの概要や見つける方法や、男性から根強い支持を受けている理由など、裏風俗情報を提供します。

中国エステとは

中国エステとは

まず、中国エステの概要を説明しましょう。普通の男性向けエステ店とは違い、中国エステの店は風営法に基づき、警察に許可を出していない店がほとんどです。風俗店が営業するのを許されているのは日本全国、どこの地域でも特定のエリアに限られています。マンションの一室など、普通の住宅街で性的なサービスをしているということは、法律違反である可能性が比較的高いと言えるでしょう。

店のシステムは店によりけりですが、大半のマッサージ店は表面上は全身へのオイルマッサージ、健康マッサージをするのがメインです。ただ、個室に入ってから「オプション料金を支払ってサービスしますよ」と、マッサージ師の外国人女性が「裏オプション」の存在を口にするそう。言葉巧みに誘いながら「ヌキ」や本番行為を誘うのが一般的です。

具体的なプレイ内容は?

風俗店ではない中国系のエステ店も風俗店としての「中国エステ」も、はじめのうちのサービスはさほど変わりません。ただ、サービスの途中から徐々に風俗店なのか、健全店なのかで対応が分かれてきます。

健全な店の場合、部屋で男性はパンツ一丁に近い姿でサービスを受けます。一方、風俗店の場合は、従業員の女の子の指示で男性はほぼ丸裸にさせられ、体全般のマッサージを受けます。その後、徐々に股間周辺のマッサージに移ってパンツを脱がされ、普通のリンパマッサージなどを施されます。その後、手コキやフェラなどでアソコを立たせ、性的サービスで発射に導く流れは普通の風俗店とさほど変わりません。店によっては正常位やバックなど本番行為で発射に導くパターンもあるようです。経験値が高いエッチな女の子は周囲にバレないよう、静かに本番を済ませるのが上手だそうですよ。

店によっては、このようなプレイの他に本番行為ができる店もあると言います。できるかどうかは女の子と男性客の交渉次第です。

料金も風俗街にある店よりは安めな場合がほとんど。賃金が比較的安めな中国人が接客していることが理由です。おおむね40分程度で6,000〜7,000円であれば一般的な店だと言えるでしょう。

大阪では摘発された事例もある

当然、警察に届け出ていないのですから、利用するには注意が必要です。例えば摘発されるリスクはあります。実際に大阪・ミナミ地区では風俗店舗6店舗が摘発され、経営者らが逮捕されました。

大阪はソープランドの営業が禁止されている地域もあり、本番行為が可能な新地以外では取り締まりが厳しいことで知られています。しかし、大阪以外の地域も注意が必要でしょう。

また、男性客にとってのリスクとして「不当に値段をつり上げられる」可能性があることが挙げられます。男性客から寄せられた体験談によると、サービスが始まってすぐの段階で風俗嬢が「オプションを付けますか?」「料金を支払って延長しますか?」とお客を誘い、気がつけば数万円の値段につり上がる可能性があるということです。特に泥酔者は不当に高いお金を払わされるケースが多いようです。

リスクがあるのに通うのは雰囲気が良いから

逮捕されるかもしれないリスクがあるのに、なぜ男性客に好まれているのでしょうか。それは中国エステの店の雰囲気が影響しているようです。

一般的に、風俗店は女の子が人気であればあるほど、指名料も高く付き、店から抜けてしまうと会うことはできなくなります。一方、中国エステの店は女の子が住み込みで働いていることが多く、店は女の子にとって仕事の場であり、生活の場でもあります。住み込みのため、女の子には比較的すぐ会うことができます。指名料がかかったとしても確実に会うことができるので、男性からは好評。常連も多くいます。女の子と携帯電話番号やLINEの連絡先交換ができるケースもあるようです。

どうやって店を見つけるの?

風営法に基づいた警察への届出をしていないことから、店を探すのは少し大変。広告で見かけることはまずありません。無店舗型の場合はインターネットに出てくる派遣型のエステ店の中に、性的なサービスが受けられる「中国エステ」のホームページがあると言われ、メールや電話で申し込むとデリヘルと同じ要領でビジネスホテルやラブホテルに出張してくれます。

インターネットで検索した特定の地域に「立ちんぼ」の美人が待ち構え、声をかけることもあるそうです。日本人が立っていることは少なく、ほとんどの場合は片言の日本語が話せる程度の中国人しかいないよう。男性側からうまく交渉して店に入りましょう。

まとめ

中国エステは普通の風俗店より価格帯が低めで、本番を含む幅広いサービスが受けられると評判です。一方、店選びや交渉を間違えると想像よりも高いお金を支払うことになるリスクもあります。無届けであることから警察に捕まる可能性もあります。刑罰を受けなくても、社会的な制裁を受けることは避けられないでしょう。中国エステで遊ぶのであれば自己責任で行くことを忘れないようにしてください。

                           
本番できるの?違法な「中国エステ」の実態に迫る はコメントを受け付けていません。 風俗、ヘルスの体験談