裏風俗とは?本番ができる店や遊び方を徹底調査

裏風俗とは?本番ができる店や遊び方を徹底調査

日本には届け出を済ませた風俗店の他に「裏風俗」で女の子と遊ぶ男性が存在します。「裏」だけにトラブルは後を絶ちません。裏風俗の世界で遊ぶには細心の注意が必要です。この記事では、裏風俗の種類や特徴、トラブルを起こさない遊び方など裏風俗の情報を紹介します。

たくさんある!裏風俗の種類

たくさんある!裏風俗の種類

裏風俗として有名なのは

  • デートクラブ
  • たちんぼ
  • 裏マッサージ店
  • ちょんの間

などがあります。

順番に説明しましょう。

デートクラブ

デートクラブは男女の食事の場を提供する業者で、風俗店を営むのに必要な届け出をしていない店です。婚活パーティーなどと同様に、同じレストランや居酒屋に男女を集めて合コンのように男女が交流しますが、その後は業者は男女の行動に関与することはありません。

男女は会った後に、相手と本番をする契約を結ぶようです。あくまで個人と個人の間の恋愛関係で、お金の受け渡しを「売春」とみなすかどうかはグレーゾーンですが、その分風俗で指名するのとは違い、継続的に女の子と遊ぶことができるのがメリットでしょう。

立ちんぼ

立ちんぼは世界の風俗街でも一般的に見られます。業者のスタッフや女のコ本人が繁華街で男性と直接性行為をする代わりにお金を手渡す交渉をする行為のことをさします。

風俗店の口コミを寄せる掲示板には、全国各地で立ちんぼが待機している場所の情報が寄せられるのでチェックしましょう。

立ちんぼの業者をネットで探すのは難しいですが、口コミによると東京だと新宿や池袋、鶯谷や町田が出没スポットだと言います。大阪だと天王寺や梅田、難波に現れると言われています。

裏マッサージ店、エステ店

マンション街や住宅地で普通のエステ店として営業している店舗で手コキしてもらい「ヌく」ことが可能な場合もあります。メリットは給料が低めな中国人や韓国人、東南アジア系の女の子が接客することからサービス料が安めなこと、交渉次第では本番行為も可能なことです。

ただし、違法のマッサージ店、エステ店で遊ぶのは警察に捕まるリスクが高い割に得られるメリットは大きくありません。ネット掲示板にある体験談を見ても「おすすめしない」との声が多数です。マッサージやエステで気持ち良くなりたいなら、無難に風営法の届出をしている性風俗店で遊んだ方が無難だと言えます。

ちょんの間

男性にとって一番危険性が少ないのはちょんの間でしょう。ちょんの間はかつて日本にあった遊郭街、通称「赤線街」で、1階で受付を済ませ、2階で本番ができる建物です。

いずれも表面的には料亭やスナック、飲食店、宿を名乗り、男性客が「店員」の娘と恋愛関係に落ちて本番行為に及ぶシステムです。今のところ、売春防止法違反の容疑で捕まるリスクはありません。

ちょんの間を多く設けている地域は「新地」と呼ばれます。

主な新地は

  • 飛田新地(大阪)
  • 松島新地(大阪)
  • 信太山新地(大阪)
  • 今里新地(大阪)
  • 滝井新地(大阪)
  • かんなみ新地(神戸)

などが挙げられます。

最も有名なのは大阪の飛田新地で、他にも松島新地、信太山新地など関西圏に多い傾向にあります。かつては沖縄や離島にも新地地帯がありましたが、新地は現在減少傾向にあります。

「ちょんの間」を設けている新地の風俗店の特徴は、キスなど他の風俗店で可能なプレイができない代わりにゴムフェラやセックスができること。シャワーで身体を洗えないがない場所もあるなど不便なところもあります。ただ、日本の風俗街の中でも一、二を争うほど女の子のルックスが良いこともメリットで、のちにAV女優としてデビューした店員もいるほどです。

遊べる時間は短めですが、正常位かバックか騎乗位か、好きな体位も選べるようです。

特徴

紹介してきた裏風俗はいずれも、日本の警察から風俗店として営業する許可を得ていません。警察に捕まるリスクを負うこと以外にも、デメリットは出てきます。許可を得ないことで出てくるメリットとデメリットは必ず確認しておきましょう。

本番行為ができるかもしれない

「裏風俗」で遊ぶ魅力は、交渉次第で本番行為ができる可能性があることです。女の子と風俗店で遊んだとしても、本番ができるかどうかは風俗店の部屋に入ってから女性側と交渉する必要があります。コソコソと店内で本番を誘い断られると、その後のサービスも悪くなる可能性があります。

デートクラブや立ちんぼでは、いずれにせよ女の子や業者と直接、本番行為が可能か交渉してからお金を支払います。女の子に嫌がられるリスクを気にせずに本番ができることは大きなメリットでしょう。

性病の心配あり。女の子のレベルも分からないのがデメリット

もちろん、裏風俗で女の子と遊ぶのはデメリットもあります。裏風俗で働く風俗嬢は本番行為をしている回数も多いと思われ、性病対策も施していない可能性があります。ゴムなし本番がしたい気持ちは分かりますが、裏風俗で遊ぶときは自己責任で楽しみましょう。

女の子の容姿のレベルが分からないこともデメリットです。風俗店であれば、多少の「パネマジ」はあるにせよ、女の子の顔や体型はある程度把握することができます。しかし業者による立ちんぼなどは女の子の写真を目視することができず、会ってみるとブサイクな女の子だった…ということもあり得るでしょう。どんな女の子が当たっても「自己責任」で片付けるよりありません。もちろん、未成年女性や女子高生に当たる可能性もあります。

まとめ

日本には数多くの裏風俗があることが分かりました。当然、法律違反の店には摘発を受けるリスクがあることを理解したほうがいいでしょう。「警察に捕まりたくないけれど本番がしたい」という人は、無難にソープランドや本番ができるデリヘルで遊んだ方がいいかもしれません。

ただ飛田新地などの「ちょんの間」だけは別格で、お金はかかるものの本番行為が簡単にできると評判です。店先から女の子の姿を直接確認できることもメリットです。関西を旅行で訪れるときは新地の裏風俗街もチェックしましょう。

                           
裏風俗とは?本番ができる店や遊び方を徹底調査 はコメントを受け付けていません。 風俗、ヘルスの体験談